エクステリアのリフォームのポイントとは?

この記事の所要時間: 240

エクステリアのリフォームのポイント

エクステリアは家の外観に大きな影響を与えるだけではなく、家を外から見た時の見え方や機能性にも関わるものです。
外であるという性質上、エクステリアのリフォームには屋内や建物の外壁とは違った要素が多くあります。

それらの要素には定石のようなものがあり、エクステリアのリフォームを行う時はそれらのポイントを抑えておかないと混沌とした出来栄えになってしまう場合もあります。

エクステリアのリフォームで抑えておきたいポイント

エクステリアに必要な要素は、何で敷地を囲うか、門扉をどうするか、駐車場をどこに作るか、庭をどのようにするかの4要素です。
それぞれの要素は、エクステリアのスタイルであるオープンタイプ、クローズドタイプ、セミオープンタイプによって関わってくる度合いが変わってきます。

敷地を何で囲うか

クローズドスタイルやセミオープンスタイルの場合は敷地の境界を塀や生け垣で囲う事になりますが、何を使って囲うかで建物の見え方が変わってきます。
一般的によく使われるのは生け垣やブロックなどで作られた塀、金属製や強化プラスチック製のフェンスなどですが、木組みの枠で囲う事もあります。
これらの囲いは敷地の中からでも外からでも一番目に付くのもなので、色や材質を家の色や建築様式、周辺の住宅の色などを考えて選択しないと周りから浮いてしまう、落ち着きがなく、まとまらないように見えるといった原因になります。
家の雰囲気を左右する大事な要素なので、何を使って囲い色をどうするかは周辺や敷地内の色をよく考慮して決める必要があります。
門扉も同様で、囲んだ塀にあわせて色や材質を決めないと入り口だけ変な雰囲気になってしまうので、門扉に塀を合わせるか、塀を門扉に合わせるのが無難です。

駐車場をどこに作るか

駐車場は車を止めるスペースでありながら、敷地の景観にも影響するものです。
敷地が狭い場合はすでに建っている家の都合もあるのでリフォームで大きく変更する事は難しいので、変更しないというのも選択しの1つになります。
敷地内の他の場所に駐車場を確保出来る場合は、その場所が車の出し入れに適しているかを最優先に考えます。
見た目を良くするために駐車しにくくなるのは、リフォームの意味がありません。
駐車場の見た目よりも車の出し入れのしやすさを優先し、見た目はカーポートや地面に芝を張るなどの他の要素で補うようにしてください。

庭をどのようにするか

庭はクローズドタイプの場合敷地内から見たバランス、セミオープンタイプやオープンタイプのスタイルの場合は敷地の外から見た時のバランスも関係してきます。
基本的には雑草が生えにくく、ある程度広々とした空間を確保できれば見た目は良くなるので、芝を張り花壇などを作って色を添えれば見栄えが良くなります。
もう一工夫したいのなら、ウッドデッキを設置して庭を小さな散歩コースにしたり、池を作ってみるのも良いでしょう。
ただし、花壇や池などを作る場合以後の管理も必要になります。
管理を怠れば見た目が大きく損なわれるので、どこまで管理できるかもよく考えてください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする