エクステリアのリフォームにかかる費用

この記事の所要時間: 252

エクステリアのリフォームにかかる費用

エクステリアのリフォームの費用は、作業を行う範囲が広くなりやすい事もありリフォームの中では高額になる傾向があります。

小規模なものであれば、そのほとんどは100万円以内の費用で済ませることができますが、ある一定の範囲を超えてしまうと200万円を簡単に超えてしまうので、どこまでリフォームを行うかの判断がより重要になってきます。

小規模なものなら50万円以下で可能なことも

エクステリアのリフォームは小規模なものであれば50万円以下の費用でも可能です。
50万円でできるものは、カーポートの設置や玄関まわりのアプローチのリフォームで、範囲が狭い分費用も安めです。
カーポートの設置は解体が伴う場合は解体費用と、廃材の処理費用が必要になりますが、50万円を超えることはほとんどないと考えてよいでしょう。
アプローチのリフォームも同様で、よほど広いアプローチでもない限りは50万円以下で収まります。
ただし、使用する素材の価格も影響するので、高価なものを使えば50万円を超える場合も出てきます。

100万円程度で大体のエクステリアリフォームが視野に

費用が100万円前後になると、大体のエクステリアに必要なリフォームが視野に入ってきます。
フェンスの設置や門扉の設置、塀の解体を伴うリフォームがおおむね100万円ほどで可能です。
設置費用は素材に関わらずあまり変わらないのですが、フェンスや塀の素材はその質によって価格の開きがかなり大きいので、高い素材を使えばその分費用も高くなります。
特にブロックで基礎を作る場合やデザインの施されたフェンスはかなりの高額なので、選択次第では計画を変更しないとリフォームが頓挫する可能性も出てきます。

100万円を超えると自由度もデザインも選び放題に

予算を100万円以上用意できるのなら、エクステリアのリフォームは一気に選択肢が広がります。
節約をしても選択次第では美しいエクステリアにリフォームすることができますが、お金を掛ければその分選択肢も広がるものです。
100万円以上の予算でできるのは、門扉や塀の全面リフォーム、生け垣の設置、アプローチの設置、ウッドデッキの設置や物置の設置です。
100万円以上かかるエクステリアのリフォームも、予算が多ければ多いほど自由度は増していきます。
すでに立てられている物置を部屋として使えるようにもできます。
費用はかかりますがその分選択肢が広いので、希望するエクステリアに近づけやすくなります。
ただし、エクステリアのリフォームは上を見れば1000万円単位で費用かかる事もあるので、予算に余裕が有る場合でも節約の意識は必要です。

気がつけば高くなるエクステリアのリフォーム

エクステリアのリフォームは、細かい部分を含めるとその作業量はかなりのものになります。
リフォームにかかる作業が多くなればその分費用に跳ね返ってくるのですが、エクステリアの場合はその細かい作業を組み合わせないと出来ない事もあるために、希望するリフォームを実現させようとすると高い費用になることもあります。

そのため、どこまでリフォームを行うかの線引きが必要です。
大丈夫だろうと見切り発車のようなことをしてしまうと、大幅な予算オーバーを招いてしまいやすいので、予算を超えそうならどこなで妥協するか、代替案を考えてみてください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする