DIYで出来るリフォームの範囲

この記事の所要時間: 39

DIYで出来るリフォームの範囲

自力でのリフォームはDIYの一種です。
リフォームは専門業者に任せるのが一番良いのですが、日頃から日曜大工などをしているのなら自力で出来るものもあります。
リスクはありますが、成功すれば資材費だけで済むので節約効果が高いという利点もあります。

自力で出来るDIYリフォーム

広い意味で言えば、どんなリフォームでも自力で行うことはできます。
しかし、それは「出来る」だけの話であり、うまくいくとは限りません。
DIYを日頃からしていて腕に自身がある人でも、リフォームとなると行える範囲は限られています。
自力でリフォームをする場合は、自分がどこまで出来るのかということと、何人で作業をするのかをよく考えてから実行するかどうかを決める必要があります。

高所作業は厳禁

リフォームをする場所が高い所にあると、転落の危険を伴います。
専門業者は安全を確保した上で作業をしますが、素人では安全の確保が難しいので屋根などの高い場所のリフォームは諦めて専門業者に依頼してください。
自分を過信してしまうとケガや死亡事故を起こす可能性があります。
実際に転落による死亡事故は起きているので、高所作業を伴う自力リフォームは決して行わないでください。

外壁塗装も厳禁

外壁塗装は見た目よりも難しく、綺麗に塗ろうと思えば技術と経験が必要です。
職人であれば自力で塗装をするのも良いのですが、そうでなければ自力での塗装はムラや色の違いが起きやすいので悲惨な結果になってしまいます。
修正するには専門業者に依頼するしかないのですが、自力塗装の失敗分だけ費用が増えることもあります。

高所作業が必要な塗装もあるので、自力で外壁塗装を行うのは避けてください。

リフォーム後に廃材処分が必要なものは避ける

リフォームをした時に廃材が出るようなものは避けたほうが無難です。
廃材は規定の処分をしないといけないのですが、かなり面倒な作業になります。
家庭ごみではないので処分は有料、しかも分別を完璧にしておかないと処分場で処理を拒否されます。
ごまかそうとしても目視やカメラでチェックされているので逃れられません。
また、ゴミ処分場に持ち込む場合は荷降ろしを自分でする必要があるのでかなり大変な作業になるので避けたほうが無難です。

解体はしない

リフォームには解体作業が必要になりますが、解体にも手順があります。
手順を守らないと後の作業が出来なくなることもあるので、手がつけられない状態になり結局専門業者の手を借りることになります。
また、解体は崩落を起こすことがあります。
特にブロックを積み重ねた構造物は崩れると生き埋めになることもあり、一斉にブロックが崩れた場合巻き込まれるとまず助かりません。
想像以上に解体は危険なので、決して自力での解体はしないでください。

DIYリフォームは労力の少ない所のみ行う

DIYリフォームは基本的に一人で行う事が多く、労力のかかる場所で行おうとすると時間がかかり効率が悪くなるため労力を掛けずにできる場所に限定しておいたほうが楽に進められます。

例えば、キッチンに簡易的な戸棚を作るような小規模のリフォームなら専門業者に依頼しなくても簡単に作れます。
障子の張替えやドアノブの交換、照明の交換などはリフォームの中でも簡単なので自力でも十分にできます。

DIYリフォームは失敗すると生命の危険や修復のための費用がかかります。
自分でリフォームをすることは悪いことではありませんが、何が出来て何が出来ないのかはよく考えてから実行してください。
少しでも不安を感じたら、行わない、業者に任せるということが必要です。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする