DIYリフォームって良いの?

この記事の所要時間: 253

リフォームdiy

リフォームは基本的に業者に任せて行うものなのですが、最近では自力で行うこともあります。
DIYと言われるもので、自分で棚を作ったりするものから家の修復まで幅広いものです。

DIYの利点は費用が資材と道具のみで済むというところです。
100万円単位のお金がかかることも珍しくないリフォームに比べて、安ければ数千円、高い場合でも数十万円程度で済ませることのできるDIYは、費用を節約したい人にとって魅力的なものに見えるはずです。

リフォームはDIYで済ませようと思えば無理なことはありません。
しかし、DIYによるリフォームは良い結果になりにくいものです。

DIYでのリフォームは失敗しやすい

ホームセンターなどに行くと、DIY用の資材や道具が売られています。
高価なものから安価なものまで幅広い品揃えがあり、中には初心者でも手軽に扱えるようなものも存在します。
これらを購入して使うことは、誰にでもできる簡単なことです。
作業は自分で行うので、業者に頼むよりもはるかに安い費用で済ませられます。

しかし、自分でのリフォームをしてしまうと後悔することもあります。
リフォームはある程度の規模になれな技術が必要です。
技術がない人が無理なリフォームを行えば、高確率で失敗し修復さえままならない状態になります。
DIYにはDIYの魅力がありますが、リフォームのように専門的な技術が必要なものは誰にでもできるというわけではありません。
素人がリフォームを行えば、その結果が失敗に終わるのは当然のことです。

DIYでリフォームを行う場合、技術を持っている人ならかなり大掛かりなことも可能です。
仕事が建築関係で家を一軒一人でも建築できる様な技術や、仕事が塗装関係でどんなものでも綺麗に塗装できる技術があるという職人クラスであれば一人でもリフォームを行えます。
高い技術を持っているのなら自力で行うのも選択肢になりますが、そうでなければ後悔する可能性が高いと言えます。

例えば外壁の塗り直しをDIYで行う場合、技術のない人が塗装をすると色の違いやムラが目立ち散々な見た目になります。
見た目以外にも、ムラなどがある場合には塗料がすぐに剥がれて耐久性が向上しないなどのデメリットもあります。
外壁塗装は簡単そうに見えますが、塗装は資格が存在するほど繊細で難しい作業です。

失敗すれば高く付くことも

DIYによるリフォームを失敗した場合、修復が必要になります。
修復は自分でできるような状態ではないのですが、リフォーム業者に依頼すれば問題なく修復してくれます。
DIYの失敗で費用がかさむことはないのですが、あまりに状態がひどい場合は費用が増えてしまうこともあります。

安く済ませたい、このくらいなら自分にもできるという考えはリフォームにおいては危険なものです。
リフォームは作業内容によっては高所作業も必要なので、安全面でも問題があります。
ドアノブの付け替えや壁紙の一部を張り替えるなど、小規模なリフォームなら自分で行うのも良いのですが、そうでない場合は専門業者に最初から依頼したほうが苦労もなく費用も節約できます。

DIYも選択肢のひとつではありますが、求めるリフォームによっては失敗の危険があること、失敗をすると後々面倒なことになる可能性があるリスクがあることをよく考慮しておきましょう。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする