ダイニングリフォームのタイミングは?

この記事の所要時間: 229

ダイニングリフォームのタイミング

ダイニングリフォームのタイミングは、劣化や収納不足が発生したときと家族の変化が起きた時が目安です。

ダイニング自体の劣化

建物は時が経てば当たり前のように劣化していきます。
家の中の部屋は、住んでいる人が利用する頻度が高ければ高いほど劣化の度合いが激しくなります。
ダイニングは毎日家族が使う場所なので、部屋の中でも劣化が進みやすい所です。

ダイニングで特に傷みやすいのは床です。
床はイスの押し引きを行うときにキズが入りやすいので、数年も経てば床がキズだらけになります。
床の素材にもよりますが、人気があるフローリングだと年々目立つキズが増えていきます。
メンテナンスをすればキズはある程度修復できますが、それにも限界があります。

フローリングの寿命は10年から20年と言われているので、床にフローリングを使っている場合は10年目、15年目、20年目もダイニングのリフォームを考えるタイミングになります。

キッチンがダイニング内にある場合は、キッチンの劣化もリフォームの目安になります。
コンロの不具合やキッチンの汚れなど、キッチンをリフォームするタイミングがダイニングのリフォームをするタイミングになることもあります。

部屋自体の劣化でダイニングのリフォームを行う場合は、メンテナンスを兼ねることがほとんどです。

家族の変化

家族の変化もダイニングのリフォームを考えるタイミングになりえます。

家族の変化とは、家族の増加や肉体的な変化を指します。
生活のなかで家族が増えることもあれば、加齢による肉体の衰えはダイニングのリフォームをする理由としては十分なものです。

家族の変化によるダイニングのリフォームは、ダイニングの広さを変えるかバリアフリー化をするかの2択になることが多く、費用面で大きな差が生まれやすくなります。

家族が増えればダイニングの広さを確保する必要があり、加えてテーブルも新しいものに変えることになるのである程度まとまった予算が必要になることもあります。
また、家族が増えた分新たな収納が必要なことも出てくるので、新たな収納を確保するための費用も必要です。

バリアフリー化はダイニングリフォームとしては安価ですが、床の底上げをする場合はダイニングにつながる部屋すべてに行う必要があります。

その他の理由もリフォームのタイミングになる

家族の変化やダイニングの劣化以外にも、そこに住んでいる人の都合もダイニングをリフォームするタイミングになりえます。

長く住んでいると、部屋に飽きがくることもあります。
家の雰囲気を一新したい時も、リフォームをするタイミングです。

この場合は家族の変化に合わせるためのリフォームや、ダイニングの劣化の解決を兼ねることも多くありますが、「とにかく変えたい」と思ったのならそれもダイニングのリフォームをする十分な理由です。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする