ダイニングのリフォームをする時の注意点とは?

この記事の所要時間: 238

ダイニングのリフォームをする時の注意点

ダイニングのリフォームを成功させるには、計画段階で動線を確保すること、予算と計画の管理をしっかりと行い無理な選択をしないことが大事な要素になります。

基本的にダイニングが1部屋を単独で使っていることは少なく、他の部屋と機能を共有していることが多いので、まずはリフォームを行うダイニングがどういう状態かを知っておきましょう。

ダイニングの間取りパターン

ダイニング単独

ダイニングがリビング、キッチンと完全に分かれている状態です。
ダイニング内にキッチンやリビングの機能を有するものがなければこのタイプで、部屋が仕切られていないこともあります。

リビングとダイニングがつながっていて、ダイニングとキッチンが共用

このタイプはダイニングの一角にキッチンの設備があるもので、「L・DK」とも言われます。
ダイニングとキッチンに間仕切りがなくつながっているのが特徴です。

リビングとダイニングが繋がっていて、キッチンが単独

このタイプはリビング内にダイニングとしての場所があり、キッチンは別室として作られています。
「LD・K」と言われる間取りで、カウンターでキッチンとダイニングが仕切られているタイプもあります。
対面式のキッチンの場合、ほとんどがこのタイプになります。

一部屋にリビング、ダイニング、キッチンがある

このタイプは「LDK」と言われるもので、ワンルームマンションなどで見られることが多い間取りです。
それぞれの部屋に仕切りがなくつながっているのが特徴です。

以上の5タイプがダイニングのパターンです。
ダイニングのリフォームをする場合、この5パターンから間取りを選ぶことになりますが、壁の解体を必要とする、あるいは壁を新たに作るようなリフォームは予算オーバーの危険が高くなるので、無理だと思ったら計画を変更することが大事です。

動線の確保

ダイニングは家族がそろって食事をする場所で、テーブルやイスをダイニングに配置することになります。
テーブルやイスは家族の人数が増えればその分大きなものが必要になりますが、大きくなればなるほどスペースを必要とします。
また、イスは引いて座るためにイスを後ろに引くためのスペースが必要です。
ダイニングの広さを考えずに大きなテーブルを置いてしまうと、動線を塞いでしまいダイニングの機能は著しく低下します。

動線が確保されていないダイニングではまともな食事は難しいので、動線を意識したテーブルの選択と配置場所の選択が必要です、

動線を確保するには、壁から設置したテーブルや収納まで95cm以上のスペースを確保することが望ましいです。
95cmを下回ると、イスに座っている時に後ろを通ることが難しくなります。

動線はダイニングのリフォームを計画するときに考慮し、適切な大きさのテーブルを選択しておけば必ず確保できます。
ここで失敗するとダイニングのリフォームは台無しになるので要注意です。

以上のことを守れば、ダイニングのリフォームが失敗する可能性は大幅に低くなります。

【家にいながら複数社のリフォーム提案がもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「タウンライフリフォーム」です。

【タウンライフリフォームをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準・国家基準を通ったリフォーム会社が300件以上登録
  • 3分の入力で複数の会社に一括見積り・提案を依頼出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • 見積もりだけでなく、リフォーム計画書ももらえる
  • 工事の要望や相談、アフターサービスも万全

3分の入力で、「アイデア&アドバイス」「リフォーム費用・見積もり」「リフォームプランニング」の3つの提案をもらえます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで全てが完全無料。

タウンライフリフォームの画像

利用者のアンケートにて顧客満足度が非常に高いサイトです。

リフォームを検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「タウンライフリフォーム」に見積もり、提案依頼する事をオススメします。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする