ダイニングのリフォームについて

この記事の所要時間: 239

ダイニングのリフォームについて

ダイニングとは食堂の事で、キッチンやリビングとの関係も深い住宅内の一室です。

通常はダイニングとして一部屋まるまる使う事は少なく、リビングやキッチンにダイニングとしても機能を持たせる場合が一般的です。
部屋の間取りに「LDK」や「DK」という表記が多く見られますが、LDKであればリビングダイニングキッチンを略したもので、その名の通りリビング、ダイニング、キッチンが一緒担っている事を意味します。
DKであれば、ダイニングとキッチンが一緒という意味です。

つまり、ダイニングが単体で存在しない限りはリビングとキッチンのリフォームを同時に行う必要が出てくる場合があります。

ダイニングのリフォームをした時に期待出来る効果は、全体の明るさの確保や動線の確保、移動の妨げとなる障害物の排除、家族全員が一緒に食事が出来るスペースの確保などです。
リフォーム後は広くゆったりとして、明るい空間で食事を楽しむ事が出来ます。
狭いダイニングでも、工夫次第では美しく狭さを感じないリフォームが可能です。

基本的にはリビングなどのリフォームと同じで、収納の確保や窓の場所、大きさの変更と言った事から、床の張替え、壁紙の張替えなど、住宅の部屋に行うリフォームならほとんどの事が出来ます。

ダイニング単体である場合、キッチンやリビングとの兼ね合いを考える必要がなくなるため選択肢が広くなります。
人気があるのは床や壁紙の張替えで、床はフローリングが人気です。

壁紙は通常の紙やビニールのものも人気がありますが、吸湿や脱臭能力のある珪藻土や漆喰(しっくい)、同様の機能を持つ特殊なタイルが人気です。
外からの光を十分に取り入れられる場合は光触媒を塗装する場合もあります。
食事をする場所という事で、衛生的にダイニングを使える素材を選択する人が増えています。

ダイニングがキッチンやリビングと繋がっている、あるいは機能を共有している場合はダイニングやキッチンとの兼ね合いを考える必要があるため、選択肢が多少狭くなる場合があります。
また、ダイニングやキッチンも同時にリフォームする必要が出てくる事もあり、キッチンのレイアウト変更や床材の統一と言ったリフォームをする場合があります。

リビングやキッチンをリフォームで変えたくない場合は、壁を壊して部屋の広さを変える、間仕切りでダイニングを独立させると言った選択肢も視野に入ってきます。

そのため、選択によっては住宅内の完全リフォームに近い形になる事もあるので、高額な費用がかかる場合もあります。

ダイニングは「他の部屋と機能を共有している事がある」という特殊な環境であるため、しっかりと計画を立てて実行しないとリフォーム後の利便性が損なわれる危険性が他のリフォームよりも高めです。

どんなリフォームもリフォーム後の利便性が悪くなる可能性はありますが、ダイニングの場合は特に注意しないと残念な結果になりやすいものです。
ダイニングのリフォームを行う場合は、リフォーム業者との打ち合わせを十分に行い、リフォーム計画も2重3重に検討を重ねてください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする