断熱リフォームの効果とは?

この記事の所要時間: 229

断熱リフォームの効果

リフォームと言えば家の外観や内装、部屋自体の作り変えが主なものですが、家の性能を向上させる事もリフォームの一つです。

家の性能を向上させるリフォームとしては耐震リフォームがよく行われていますが、それ以外の部分の性能向上もリフォームによって得られます。

家の性能は耐久性だけではない

家のような建物の性能は耐久性が大事ですが、家という暮らしの場を快適な空間にするのも建物の性能に左右されます。

建物内の環境に大きな影響をもたらすのは断熱性と気密性で、建物の中の温度や湿度などの環境的な要素を変動させる設備、例えばエアコンなどを使った時の効果にも影響があるものです。

断熱性と気密性はセットで考えるべきもので、その多くは断熱材という建材で確保されます。
断熱材は壁の隙間や床、天井にびっしりと詰められるもので、袋に詰められて壁の中に押し込むタイプのものと、吹き付けると発泡して細かい泡となり、そのまま固まるタイプのものがあります。

もし家に断熱材がない、あるいは不十分な量しかないと、気密性が保たれず外気が家の中に入り込んで湿気や室温への影響をあたえます。
また、家の中を暖める、または冷やしてもそのエネルギーは外に次々と流れてしまい空調の効果も薄くなってしまいます。

現在の空調設備は、設定された温度や湿度になるように自動で調整しますが、いつまでも設定に届かないと全力で設定通りの室温や湿度にしようと運転をしてしまうので、その分電気料金も多くなり負担が増えます。
新しいモデルのエアコンであればそれほど電気料金はあがりませんが、それでも負担が増えるのは確かです。
もし古いモデルのエアコンだとすれば、電気料金の負担が増えやすくなります。

また、断熱性や気密性は室内と室外の気温差で起こる結露の防止効果や、気温差の激しい空間の移動で起こりやすいヒートショックも起こりにくくしてくれます。

リフォームで断熱性と気密性を向上させる

断熱性や気密性は、リフォームによってその機能を向上させることができます。
中古住宅を購入した場合、時に断熱材が入っていない事もありますが、リフォームによって後から断熱材を入れる事もできます。
また、古くなった家の性能向上の意味でも断熱材を入れ替えたり修復するのも効果的です。
現在使われている断熱材は性能がよく、その効果はかなりのものがあります。

自然素材を使った断熱材も

断熱材は木くずやコルクなどを使った自然素材から作られたものもあります。
一般的に使われる断熱材よりも3割ほど性能が落ちるので、その分厚さが必要ですが、安価な上化学薬品を含まないのでシックハウス対策としても使えます。

断熱性や気密性は、建物にとって内部の快適さを確保するために大事な要素です。
もし、家の中にいて冬が寒く夏が暑いと感じるのなら、一度断熱材のチェックをしてみてください。

【家にいながら複数社のリフォーム提案がもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「タウンライフリフォーム」です。

【タウンライフリフォームをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準・国家基準を通ったリフォーム会社が300件以上登録
  • 3分の入力で複数の会社に一括見積り・提案を依頼出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • 見積もりだけでなく、リフォーム計画書ももらえる
  • 工事の要望や相談、アフターサービスも万全

3分の入力で、「アイデア&アドバイス」「リフォーム費用・見積もり」「リフォームプランニング」の3つの提案をもらえます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで全てが完全無料。

タウンライフリフォームの画像

利用者のアンケートにて顧客満足度が非常に高いサイトです。

リフォームを検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「タウンライフリフォーム」に見積もり、提案依頼する事をオススメします。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする