鳥害対策の為のベランダリフォーム

この記事の所要時間: 243

鳥害対策の為のベランダリフォーム

ベランダはその家に住む人々にとって意外と重要な場所です。
普段は気にも留めないものですが、洗濯物を干す場として使っていたり、ガーデニングをしたりと、生活空間ではないとは言え、その役割は意外と大きなものです。

ベランダは部屋ではない以上外からの影響を受けるもので、その影響は時に家の快適さにも影響する事があります。
特に困る外からの影響は鳥の糞害で、ベランダに入り込んだ鳥が糞をまき散らすものです。

鳥の糞は衛生面を損なうだけではなく、ベランダの外観もその独特の汚れで損ないます。
1つ2つでもかなり目立つのですが、環境によってはベランダが覆われてしまうほどの糞がついてしまう事もあります。
一度乾燥してしまうとなかなか取れないのも厄介です。
鳥の糞は場所を問わず落ちてしまうので、時にベランダの外側にある壁部分にも付いてしまい、洗うに洗えないこともあります。

想像以上に厄介な鳥の糞害ですが、リフォームによってある程度の緩和や完全な防止が出来ます。

糞害を防ぐベランダのリフォーム

ベランダの糞害は鳥がベランダの内部に入ってくる事が主な原因なので、鳥をベランダに入れないようにする事が防止の手段になります。
鳥よけに使わないCDやDVDをぶら下げて置くという方法もある程度効果がありますが、時間が経つと鳥が慣れてしまい効果がなくなります。
しかし、リフォームはベランダを作り変えるので効果が無くなるという事はありません。

鳥害を防ぐための対策リフォームは幾つかあり、ネットの取り付けや格子の取り付け、専用の禁忌剤設置、センサー式の防鳥機器設置、専用剣山設置が主なものです。
住宅の場合は基本的にはネットの取り付けが主なものになりますが、剣山や禁忌剤と組わせることもあります。

ネットの設置はネット自体の色が原因でベランダの外観をかなり損なうのですが、現在では目立たない色のネットもあるので従来のものよりは外観への影響は少なくなりました。
現在では黒や半透明のものが主流なので、遠目から見るとほとんどわからないほどになっています。
効果は鳥害防止のリフォームとしては最も高く、鳥が完全に入れなくなるのでベランダに糞が落ちる事は、ほぼなくなります。
同時に屋根部分に鳥の禁忌剤や専用の剣山を設置すれば、鳥が近寄れなくなるのでより効果的です。

ネットや剣山、禁忌剤は設置において柔軟に対応できるのでベランダ以外の鳥害対策にも役立ちます。

ネットにどうしても嫌悪感がある場合は格子を取り付ける方法があります。
格子は木製のものや開閉式のものがあるので、ベランダの使用目的に応じて選べます。
屋根部分を透明なものにして、風通しも考慮しておけば十分洗濯物を乾かせるのですが、ベランダからの採光に難が出ることがあります。
また、費用もネットなどと比べると少し高価になります。

鳥害は健康被害にも繋がりかねないので、早急な対応が必要です。
どういった対応をするかは状況にもよりますので、リフォーム業者とよく話し合って最適なリフォームを選択してください。
可能であれば、鳥害防止リフォームを多く手がけている業者を選択したほうがよいでしょう。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする