ベランダ・バルコニーのリフォームについて

この記事の所要時間: 226

ベランダ・バルコニーのリフォーム

ベランダやバルコニーは、家の外でありながら家の中と同じような機能を持つ場所です。
部屋とは違うものの、家の中からアクセスをする場所であると同時に、生活に必要な空間であったり、憩いの場として使われたりと機能面でも住宅内部の部屋と同じような性質を持っています。

ベランダもバルコニーも家の外に当たる部分なので常に外から見える形になっています。
そのため、どちらも家の外観にも大きく関わり、形状や色と言ったものが家全体の見た目や雰囲気に大きく影響しています。

ベランダとバルコニーのリフォーム

ベランダもバルコニーも、基本的には家の外に当たる部分になっています。
機能的には「部屋でもあり」「庭でもあり」といった複合的なものですが、外から見えているのでどちらもリフォームをする場合は家の外に行うリフォームと、家の中に行うリフォームのどちらか一方、または同時に行う事があります。
ベランダとバルコニーのリフォームは、その場所をどういう用途で使うかで選択するリフォームの方法も違いが出てきます。

ベランダやバルコニーを何に使うか

ベランダの用途といえば、代表的なものが洗濯物を干す場所としての活用です。
この場合は外壁塗装や外壁材の交換などで外見を整えながらベランダのメンテナンスを行うのが基本的なリフォームになります。
より利便性を上げたい場合は屋根を広くする、雨のが入ってくるのを防止するフェンスを設置するといったものがあります。

ベランダの床に凹凸がある場合は平坦にするバリアフリー化も可能です。
コンクリートやタイルの冷たい感じを嫌うのであれば、全面を木張りにして床もウッドデッキに変えてしまう事もできます。
特殊な例になりますが、ベランダの一部に土を盛る場所を作り水はけも確保して畑にしてしまう事も可能です。

バルコニーの場合は、広さがある程度あればベランダの機能に加えてバーベキューなどの家族の団らんや午後のひとときを過ごす場所としても使えます。

ただし、ベランダと違い構造的にバルコニーには屋根があることがほとんどないので、雨を凌ぐために後付の屋根を設置して雨の日でもバルコニーを使えるようにできます。
基本的にはベランダとほぼ同じようなリフォームが可能ですが、ベランダよりも広いスペースを確保しやすいのでリフォームをすると利便性の確保がしやすくなります。

ベランダもバルコニーも、リフォームをするときは外からどのように見えるかを考えつつ、使用目的に応じたリフォームを選択して使い勝手の良さを追求する事になります。
計画をしっかりと作ればリフォーム後のベランダやバルコニーは全く違うものになります。
使いやすさや機能性の確保だけではなく見た目も美しくなるので、汚れや古臭さを感じていたり使いにくいという場合はリフォームが全て解決してくれることでしょう。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする