キッチンのオール電化

この記事の所要時間: 234

キッチンのオール電化

キッチンのオール電化は、キッチンリフォームとしては手軽なリフォームの1つです。
リフォームの中でも費用が安めで、オール電化にすることでコンロから火がでなくなり、IHヒーター自体が汚れても汚れが落としやすいので清潔さを維持しやすくなります。
また、キッチンから火元がなくなることで安全面でも利点があります。

キッチンのみのオール電化

家全体のオール電化はリフォームの中でも人気がありますが、家全体のオール電化となると条件や電気代の問題もあります。
しかし、キッチンだけの電化であれば手軽で電気代もガス料金との比較をするだけで良いので導入するかを決めるのは比較的簡単です。
費用は30万円程度から可能で、ガスコンロからIHヒーターへの交換だけであれば5万円から8万円程度で可能です。
使い方も簡単で、火力調整もガスに比べて難しくなく、機種によっては一定温度を保ったり、過剰な加熱を防いでくれる機能が付いているものもあります。

安全面でも使いやすさでもガスコンロよりも優れている上に低価格でのリフォームができます。
小規模のリフォームとしても手頃なので、とりあえず何かのリフォームをしたいという場合にも向いている方法です。

IHヒーター以外にも、給湯器の電化も可能です。
給湯器の場合は深夜の料金が安い電気料金プランを選択して、深夜にお湯を沸かして貯蔵しておくことで日常使用するお湯を確保できます。
ガスのように使用するときに沸かすわけではなく、安い電気料金の時間帯にまとめてお湯を作るのでうまく活用すると光熱費の削減につながります。

便利さは抜群、でもデメリットも

キッチンの電化はガスコンロとは全く違い、火を使わないので人間がコントロールする場面が少なく安全に、しかも火力の強弱で起こる調理の失敗がしにくくなります。

しかし、IHヒーターは火で調理をするわけではありません。
IHヒーターは調理に直火が使えないということでもあるので、直火を必要とする料理ができなくなります。
グリルは付いている製品もあるので焼き魚などは作れますが、直火による焦げ目をつけたほうが良い料理などを作るときには向いていません。

消費電力も難点の1つです。
IHヒーターの消費電力はかなり大きく、1つにつき1〜2kwほど消費します。
そのため電力会社との契約アンペアが小さいと容量を超えてしまいブレーカーが落ちてしまいます。
使用する口数が多くなるとその分一度に消費する電力も増えてしまいます。
IHヒーターを使うには、少なくとも50アンペアほどの容量が必要です。
また、消費電力がもともと大きいIHヒータは、毎日の料理で使えばその分電気料金が増えていきます。

消費電力は増えますが、光熱費の大部分を一元化できます。
電力会社との契約次第では仕事などで深夜が生活の基準になっている人や、火力としてプロパンガスを使用している地域である場合、太陽光発電設備を設置する場合は十分選択肢になりうるリフォームです。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする